×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




1:東京〜


本編 イベント情報

先ず最初に悩むのが主人公選択。
普通に「好み」で構いません。


<主人公選択による違い>

・序盤
仲間に出来るキャラクターが違う
 (男主人公は斎藤、女主人公は蒼紫

能力面・必殺技のエフェクト・技名に多少差異がある
 (男主人公は攻撃力、女主人公は防御力に優れる

・入手できる
絵草子
 (片方の主人公のみのプレイでは絵草子コンプリートは不可能

・各主人公
限定イベントの存在
 (男主人公は寺院、女主人公は修道院でそれぞれイベントが発生
 (両方クリアすると隠しイベント、通称鬼イベントを発生させられる

・デートイベントで
デートできる相手
 (男主人公…薫・恵・妙・燕
 (女主人公…剣心・左之・弥彦・蒼紫・隼人
 ※女主人公でプレイしても斎藤とデートすることはできません


名前も自由に付けられますが、デフォルトでなくとも
ストーリー上に特に問題ありません。

こちら表の右側には、表の左側と同時進行で発生させられるイベントや、   デートイベントのための好感度upのイベントを掲載しています。

(黒字がイベント、桃字がデート)

発生期間が限られているイベントもあるので、ストーリー攻略と同時進行で発生させることをオススメします。

ゲームを始めると早速主人公が不良に絡まれますが、剣心が助けてくれます。

しかし何故か苦しみ出す主人公。お礼も言わずに逃げ出します。
・主人公は基本喋りません。
・剣心は暫くの間ストーリーに絡むことはありません


(東京)

赤べこを訪れた主人公。
ひょんなことから薫と弥彦に出会い、道場に連れていかれることになります

自己紹介をされ、道場から出ると戦闘発生です

<愚連隊*2・桧ノ山隼人…勝ち抜き戦>
薫を助太刀するかどうかで戦うキャラが変化します
隼人がボスですが、必殺技さえ注意すれば特に問題はありません


戦闘後、主人公が記憶喪失であることが判明
神谷道場に居候することになります
・一晩泊まった後に薫に話しかけると、道場で戦闘システムを教えてもらえます。

東京の南マップ左上辺りに居るお律に話し掛ければ、酒場に入れるようになります
酒場内部の左下に居る男に話しかけると、戦闘発生です。

<雑魚*5…勝ち抜き戦>
戦闘終了後、黒幕の三つ子が姿を現します

(薫)
・赤べこにて、傷を手当てしたいという申し出を断らないと好感度up



(隼人)
・倒した後は、長屋の隼人の部屋を訪ねる事が出来るようになります



(妙)
・隼人との戦闘終了後、絵草子を収集することができるようになります

神谷道場へ戻ると、愚連隊が暴れていると言う情報が入り、再び戦闘発生

赤べこ潜入大作戦。
・薫の作戦に賛同すると敵の後を追って我孫子の森のアジトへ向かうことになります。宝箱を回収しつつ進みましょう。アジト入り口にはセーブポイントもあります。
・反対すると敵の牢にブチ込まれます。牢の壁を調べると、脱出。

アジト最深部で三つ子と戦闘発生

<茜・藍・碧…総当たり戦>
各個の必殺技から、茜に弥彦、藍に薫、緑に主人公をあてるのががセオリー

(燕)
・三つ子を倒すと、花を収集できるようになります

戦闘終了後東京に戻ると、暴れている人が居ます
・やっつけるか!?という問いに「いいえ」を選べば戦わずに済ませる事ができます

東京を出ようとすると三つ子が根津という男を連れてきます。戦闘開始。

<茜・藍・碧・根津…勝ち抜き戦>
三対四で多勢に無勢。三つ子の対処法は前回と変わりません。
根津の必殺技は中段。確実に対処できる主人公か薫が理想

戦闘終了後、左之助が仲間になります

敵の落とした割符により、次のマップへ進むことが出来るようになります
・道場で必殺技習得稽古ができるようになります。竹林に進む前に習得しておくといいでしょう。

・左之助が仲間になると、平八郎イベントを開始することができるようになります(詳細)

・左之助が仲間になると、夢イベント(相良隊長)を発生させられるようになります(詳細)


(竹林)

アジトを目指して竹林を進みます

アジト内部右上の部屋に入ると強制戦闘になります
・セーブポイントがあるのでセーブは忘れずに。
・宝箱から手に入る無銘の逸品は必ず入手して主人公に装備させましょう。

根津との戦闘
<茜・藍・碧・根津…勝ち抜き戦>
根津の必殺技が増えていますが、左之という駆逐艦が居るので恐るるに足らず。
東京の前川道場で下段必殺技を習得していればもっと幸せになれます。

戦闘終了後、三つ子達は逃げ出し、根津は由利がテイクアウト。
・根津背後の宝箱(中身は尖兵拵え)はこの時は取れません。もう一度訪れて取得する必要があります。


(NEXT)